セフレとの関係をはどうやって終わらせる?

セフレになるタイプの女性には流されやすい優柔不断な女性がいます。
本当はセフレ関係になんてなりたくないのにセックスに誘われると断る事が出来ずに
だらだらとその関係を続けてしまうのです。
求められると嬉しいという気持ちもあるのかもしれませんが、
セフレとして求められる行為はセフレを割り切って楽しめる性格なら問題ありませんが、
セフレなんてしたくないと思っているのならすっぱりと関係を終わらずためです。
男性はセックスをしたい時だけ優しい言葉をかけてきて、セックスが終われば用済み
・・・なんて事を平気でします。
それに振り回されるだけなんてバカみたいですよね。
別に相手に弱みを握られているわけでもありません。
セフレ関係とはどちらかが終わらそうと思えば簡単に終わらす事が出来る関係なのに
終わらす事が出来ないのはあなた自身に問題があるからです。
誰にでもいい顔を見せたい、誰からも嫌われたくないと思うのかもしれませんが
嫌われたくないからと自分の嫌な事までして相手から好かれようとする行為は
本末転倒だと思いませんか?
好きな相手から好かれる事が大切で、誰からも好かれる人なんていません。
そう割り切って、好きな人に好かれるようにまずは自分の事を大切にしてみませんか?
セフレ関係は楽しむための関係です。我慢してセフレ関係を続けて男性の都合にいい女に
なったところで何の意味があるのでしょうか?
恋人との別れは真摯に誠意をもって別れますよね。
ではセフレとの別れはどんな別れ方がベストなのでしょうか?
お互いが割り切った関係、セックスを楽しむ関係として付き合っているセフレの場合は
恋愛感情がないぶんセックスもマンネリ化しやすくすぐに別れがやってくるかもしれません。
どちらにしろセフレの場合はどちらかが別れたいと思った時点でもう関係は終了です。
しかし、だからといって自然消滅で終わらそうと考えるのはあまりに誠意がありませんよね。
一応これで終わりだという事をお互いが確認して納得して別れるのがベストです。
その時相手を刺激させないように気をつけましょう。
なぜかというと、自分のモノじゃなくなった途端惜しいと思う事ってないです?
また自分もそろそろ終わりかなと思っていたけど、自分から別れを言い出すのはいいけれど
相手から別れを切り出されるとなんとなく悔しかったり・・・・・
人の心は案外複雑ですから刺激をしないように穏やかに別れましょう。
なぜ刺激をしないようにと念を押すのかというと
下手に刺激を与えてしまうと相手が逆上して既婚者であれば妻に、恋人がいれば恋人に
セフレ関係をバラして修羅場になってしまうという事がありえるからです。
面倒がない関係だからこそセフレ関係を持ったのに最後の最後で面倒事を
抱えたくはないですよね。
最後まで面倒がない関係のまますっきり終わらせて下さいね。