セフレと本命でエッチの違いがあります

セフレと本命とでセックスの仕方を変える、という男性はとても多いです。
本命に対しては、相手を喜ばせるセックスをし、セフレ相手なら自分が気持ちよくなるためだけにセックスをする傾向があります。
あなたは彼女だと思っていても、実はセフレ扱いされている、という場合もあります。
そこで、セフレと本命のセックスの違いBEST10をご紹介します。
第10位 セックスにかける時間
本命にはゆっくり時間をかけて相手を気持ちよくさせるが。セフレだと自分が気持ちよくなれば終わりなので、セックスにかける時間が短いです。
第9位 体位のバリエーション
いつもワンパターンの体位は、自分が気持ちいい体位でしかやらない、ということの表れです。
本命なら、いろいろな体位で相手を気持ちよくさせようと頑張ります。
第8位 コンドームをするかどうか
本命とは、相手の体のことを考えてコンドームをつけますが、セフレに対してはゴムはつけません。
第7位 キスをするかどうか
セックスは愛情がなくてもできますが、キスは愛情表現なので、愛情のない相手にはできません。
第6位 愛撫の時間
女性の体を隈なく愛撫するのはとても疲れるようです。
セフレには、愛撫もそこそこに奉仕を求めてきます。
第5位 行為が終わった後の態度
行為が終わってすぐに寝てしまう男性は、女性に対して愛情を持っていません。
本命には、体をいたわるような野菜しい言葉をかけたり、いつまでもイチャイチャしたりします。
第4位 デートの内容
待ち合わせ場所からすぐにホテルに移動するのは、体しか求めていないからです。
デートはいつもホテルか彼の家、という女性は、あまり男性に大切にされていないのではないでしょうか。
第3位 セックスが気持ちいいかどうか
男性は、本命の女性に対しては、気持ちよくさせたいという心理が働くので、女性は満たされるセックスができます。
いつもあまり気持ちよくない、という女性はセフレを疑った方がいいかもしれません。
第2位 ちゃんと愛情表現してくれるか
本命の彼女には、行為の合間にきちんと目を見て愛情表現してくれます。
不安な人は、行為中に愛情表現してくれるかを確認してみるといいかもしれません。
第1位 お互いの理解度
本命とはセックス以外も、自分や家族、友達について色々なことを話しますが、セフレとはそういった話はしません。
彼のことをあまり知らない、という方はセフレ扱いされているかもしれません。
女性なら、やはり男性から大切にされたいものです。
上の項目に当たはまる人は、自分がセフレになっていないか、よく考えましょう。