彼女がいても他の女性とSEXしたいのが男の性

彼女とは身体の相性がイマイチでセックスに満足できず、セフレを作る事にしました。

セフレサイトの存在は知っていましたが、本当にセフレサイトを利用すればセフレは作れるの?と最初は半信半疑でした。
ですが、思ったより簡単にセフレを作る事に成功したのでセフレ体験談を紹介したいと思います。

セフレサイトで出会ったセフレ

セフレサイトで知り合ったのは、年下の20代の女性で、写メを交換した感じではショートボブの小柄で可愛らしい感じでした。

メールのやり取りを数回して、お互いに住んでいる場所が近い事が分かり、最寄り駅の近くで待ち合わせしました。
待ち合わせ場所は、駅の近くだったけど、目の前に交番があって警戒されているのかなと思ったけど、待ち合わせ場所に彼女は来てくれました。送られてきた写メが加工してあって、写メは可愛いけど、残念な感じの子が来たらどうしよう・・・・。

内心そんな不安もあったんですが、写メの方が写真うつりが悪いぐらいの可愛い子が現れました。
こんな可愛い子とセックスが出来るのかと、この時点で興奮状態だったんですが、ここですぐホテルに行くのがガツガツしてると思われると我慢し、とりあえず飲みに行く事にしました。

華奢だけど、よく食べる子で笑顔も可愛いし、性格も良さそう、本人はメールで胸が小さいのがコンプレックスだと言っていたけど、これだけ可愛ければ胸なんて小さくても全然OKで、飲みながらもエッチな想像ばかりで会話も上の空状態。
1時間ぐらい軽く飲んで、そのままラブホへ行きました。

セフレとラブホで

ラブホに入って、それぞれシャワーを浴びて、ベッドの端に座ってキスから始めました。
キスをしながら相手が腰にまたぐように向き合って座ってきたから、そのままバスローブの中に手を入れて女性器を触ったら、もうぐっしょり濡れた状態で、キスだけでこんなに濡れたのかと思ったらすごく興奮して、そのままベッドに押し倒して舐めてしまいました。

相手は恥ずかしがって口では拒否していても、どんどん溢れてきて、感じてくれているのが分かります。
喘ぎ声がすごく可愛くて色っぽかったのが印象的でした。
食事中の爽やかで明るい感じと、セックス中のエロさとのギャップが堪らなくて、もう早く挿入したくてたまらない気持ちでした。

指と舌でほぐしながら、指の本数を増やし、熱くて指をギュッと締め付ける刺激に我慢できずに、挿入したらずごい締めつけ感。
興奮のあまりゴムをつけ忘れて挿入してしまい、生の感触と中の熱さに挿入だけでイキそうになり慌てました。
セフレだからといって中だしだけはしてはいけないと、激しく腰を振りながら、射精の瞬間は外に出すつもりだったけど、ちょっとだけ間に合わずに中に出ちゃったかもしれません。

相手の子に生でしちゃった事を怒られるかなと思ったけど、相手も気持ちよくなりすぎてて気づいてない感じだったので内緒にしてしまいました。自分的にはすごくいいセフレ体験だったと思います。

今現在彼女や奥様がいたとしても、他の若い子とセックスしたいって思うのが男の本音でしょう。
セックスパートナーとなる女性に会えるためには、「どこで探すか」がもっとも重要です。
もちろんナンパもいいでしょうけど王道はセフレサイトの利用になります。

  • サービスの規模で選ぶ
  • 評判で選ぶ
  • ホームページの作りで選ぶ
  • 料金で選ぶ
  • 運営元で選ぶ

これらのフィルターを突破できれば、セフレサイトがトラブルを避けて安全にセックスパートナーを作れる最低条件になります。
性欲を充実させてパワーを充電しましょう!