メールでは自分中心にならないようにする

出会い系サイトで知り合った人妻とメールのやり取りをするときには、どんなことに注意したらよいでしょうか?
まず、注意しなければならないのは、相手のことを、まだ、よく知らないからといって、自分のことばかり語ったりすると相手が退屈してしまうということです。
とにかく相手に、自分のことについて伝えたいと思うばかりに、自分語りをしてしまうと、いつも自分のことばかり考えている自己中心的な人と思われて、あまり受けが良くないのです。
ファーストメールだからといって、自分のことを長々と語ると、相手には良い印象を与えないのですね。
では、どうすれば良いかといえば、相手が喜んで答えてくれるような質問を入れてみたり、できるだけ語りかけるような、相手のことをよく考えたメールの内容にするのが良いようです。
もちろん、相手のことを知りたいからと言って、根掘り葉掘り質問攻めにするのもいけません。
基本は、話しかけるようなメールにすることで印象が良くなるのです。
また、次に相手が打ち解けてきたな!と思ったら、相手の悩みを聞いてあげたり、相談にのってあげたりするのも効果的です。
多くの人妻は、家庭のことや夫のことで悩みを抱えているものです。
そのため、ストレスも多いのですから、それを発散させてあげるためにも、できるだけ人妻の話を聞いてあげるようなメールも、相手に安心感を
与えることになるので効果的です。
とはいっても常に聞いてあげるだけでは、こちらも疲れてしまいますから、ときには、他の話題で盛り上がるようにしたり、お互いの共通の趣味について
語り合ったりするのも良いでしょう。
もし、悩みの話ばかりになってしまったら、とりあえず会う約束をして、「会ったときに、ゆっくり聞いてあげる」
というふうに、会う口実にするのも良いかもしれませんね。
人妻を攻略するには、自分語りはNGなので、注意しましょう。

ネットの向こう側には同じ人がいるんだ

もしあなたが相手から別れを切り出されたとしたらかなりのショックを受けるでしょう。
未練も残りますし、どうにか別れないようにすることはできないかと考える人もいるかもしれません。
しかし、このような状況になってしまったのなら、素直に別れることも大切です。
中には、駆け引きの手段として別れを切り出す女性もいますが、例えそうだとしてもそのような女性と関係を維持するのは大変だと思いますので、その時もきっぱり別れるべきでしょう。
ここで別れた方が、精神的にも楽になるかと思います。
しかし、ほとんどの人は何か理由が合って別れを切り出すかと思いますが、言われた方はかなり驚いてしまいますよね。
何を言えば良いのかわからなくなったり、相手の言葉が頭に入らなくなったり、なかにはその場で泣いてしまう人もいるでしょう。
しかし、であいけいサイトをきっかけにやり取りをしているのであれば、思ったままに感情を出しても良いかと思います。
泣きたくなったら泣けばいいですし、返事が思いつかないのであれば、「今は上手く言えないから、後で返事する」と正直な気持ちを伝えればよいのです。
自分の気持ちを隠して、違うことを言ってしまうと、逆に変な雰囲気になるかもしれませんので、ありのままの気持ちを伝えることが何よりも大切だと思います。
そして、これは人と人とのやり取りだということを相手に再認識させましょう。
やり取りしているのは文字かもしれませんが、実際にはその向こう側に生身の人間がいるということを相手に教えるのです。
それを上手く伝えることができれば「ネットの向こう側には同じ人がいるんだ」と感じてくれるでしょう。
そしてお互いに今回の出会いについて色々と考えることになるかと思います。
別れてすぐに思い返すことは辛いでしょうけど、時がたてば思いだす日もあるでしょう。
そんな日がくるまでは、今回の出会いの事は考えないようにしましょう。

おいしい話には裏があるかも

出会い系サイトというのは本当に嘘だらけです。
使い慣れた人からしたら「そんなことありえない」と笑ってしまうような嘘がサイトに蔓延っているのです。
さらにそれを信じてしまう人が存在するのが現実です。

そして嘘に騙されて出会い系サイトの会員になった人も大勢存在するのです。
その嘘について具体的に挙げて紹介したいと思います。

■若くて可愛い女性が大勢登録しています!

常識で考えて若くて可愛い女性なら出会い系サイトに登録する必要はないのです。
いくらでも相手を見つけることが可能です。
登録している女性が存在しても「大勢」ということはないでしょう。
何万人もの会員が存在したらその内の一握りと思ったほうがいいのです。
要するに自分は出会うことが出来ないと考えていいでしょう。

■30人以上の人と出会いセックスしました!

これは絶対に嘘だと言えます。
出会い系サイトというのは実際に相手と出会うことさえ困難なのです。
出会い系サイトの体験談に目を通すといかにも手軽に出会えるといった風に記載されていますがほとんどはメールの段階で振られます。
メール交換をしても出会うことが出来ずに終了といった失敗が多いのです。

メールの返事が届いて喜んでいたら相手はサクラというケースも多く、どう考えても30人以上と性行為はできません。
もっともこれは誰が見ても「嘘」と判断できるでしょう。

■女性の画像

出会い系サイトのトップ画面にまるで「この女性が会員です」とでもいう様に「美人の写真」が貼られています。
しかしこれも嘘なのです。
出会い系サイトの会員は基本として個人情報を公開しません。
出会い系サイトは基本として密かに楽しむもので堂々とトップに写真を公開する女性は存在しません。

当たり前のことですが今紹介したのは「全部嘘」と思ってください。
そんな誘い文句に騙されないで欲しいのです。
おいしい話には必ず裏があると言えます。

SNSで出会う方法って?

SNSで出会いを手に入れようと頑張っている人が沢山いるのですが
それでも出会えないという人も沢山いるようです。

そこでSNSで出会うためにはどうすればいいのかお話ししたいと思います。
まずみなさんがやらなければならないことは、プロフィールをきちんと書くということです。
SNSではプロフィールが自分の自己紹介文になりますので、プロフィールをきちんと書かなければ好印象を与えることはできません。

プロフィールが全て空白という人は、自己紹介で何も話していないということになりますので
そんな人に魅力を感じる人は滅多にいないでしょう。
プロフィールをきちんと書くことで、自分がアプローチされるかもしれませんので
本当に出会いたいのであれば、プロフィールはきちんと書かなくてはいけません。
次に皆さんがやることはプロフィール検索です。
つまり、相手を探すということです。

基本的には理想のタイプを探すのですが、共通の趣味を持っている相手を探すようにしましょう。
そうすると、初めから話題に困ることもありませんし、楽しく話せると思います。
話が盛り上がると出会える可能性がでてきますので、共通の趣味を持っている人を探した方が効率が良いと思います。

以上お話しした二つのことを守れば、少なくても出会いはあると思います。
それでも会えない場合は、メールがいけないのかもしれません。
例えば、知り合ってすぐに会いたいと言ったり、メールのやり取りをして親しくなったのに
だんだん焦ってきて相手が嫌がるようなことをしているかもしれません。

出会いたいという気持ちが強くて焦ってしまうと失敗してしまうので、あせらないようにしましょう。
SNSの利用者はたくさんいますので、プロフィールをきちんと書くだけでも
出会えると思います。
もしかしたら向こうからアプローチしてくるかもしれませんよ

彼女がいても他の女性とSEXしたいのが男の性

彼女とは身体の相性がイマイチでセックスに満足できず、セフレを作る事にしました。

セフレサイトの存在は知っていましたが、本当にセフレサイトを利用すればセフレは作れるの?と最初は半信半疑でした。
ですが、思ったより簡単にセフレを作る事に成功したのでセフレ体験談を紹介したいと思います。

セフレサイトで出会ったセフレ

セフレサイトで知り合ったのは、年下の20代の女性で、写メを交換した感じではショートボブの小柄で可愛らしい感じでした。

メールのやり取りを数回して、お互いに住んでいる場所が近い事が分かり、最寄り駅の近くで待ち合わせしました。
待ち合わせ場所は、駅の近くだったけど、目の前に交番があって警戒されているのかなと思ったけど、待ち合わせ場所に彼女は来てくれました。送られてきた写メが加工してあって、写メは可愛いけど、残念な感じの子が来たらどうしよう・・・・。

内心そんな不安もあったんですが、写メの方が写真うつりが悪いぐらいの可愛い子が現れました。
こんな可愛い子とセックスが出来るのかと、この時点で興奮状態だったんですが、ここですぐホテルに行くのがガツガツしてると思われると我慢し、とりあえず飲みに行く事にしました。

華奢だけど、よく食べる子で笑顔も可愛いし、性格も良さそう、本人はメールで胸が小さいのがコンプレックスだと言っていたけど、これだけ可愛ければ胸なんて小さくても全然OKで、飲みながらもエッチな想像ばかりで会話も上の空状態。
1時間ぐらい軽く飲んで、そのままラブホへ行きました。

セフレとラブホで

ラブホに入って、それぞれシャワーを浴びて、ベッドの端に座ってキスから始めました。
キスをしながら相手が腰にまたぐように向き合って座ってきたから、そのままバスローブの中に手を入れて女性器を触ったら、もうぐっしょり濡れた状態で、キスだけでこんなに濡れたのかと思ったらすごく興奮して、そのままベッドに押し倒して舐めてしまいました。

相手は恥ずかしがって口では拒否していても、どんどん溢れてきて、感じてくれているのが分かります。
喘ぎ声がすごく可愛くて色っぽかったのが印象的でした。
食事中の爽やかで明るい感じと、セックス中のエロさとのギャップが堪らなくて、もう早く挿入したくてたまらない気持ちでした。

指と舌でほぐしながら、指の本数を増やし、熱くて指をギュッと締め付ける刺激に我慢できずに、挿入したらずごい締めつけ感。
興奮のあまりゴムをつけ忘れて挿入してしまい、生の感触と中の熱さに挿入だけでイキそうになり慌てました。
セフレだからといって中だしだけはしてはいけないと、激しく腰を振りながら、射精の瞬間は外に出すつもりだったけど、ちょっとだけ間に合わずに中に出ちゃったかもしれません。

相手の子に生でしちゃった事を怒られるかなと思ったけど、相手も気持ちよくなりすぎてて気づいてない感じだったので内緒にしてしまいました。自分的にはすごくいいセフレ体験だったと思います。

今現在彼女や奥様がいたとしても、他の若い子とセックスしたいって思うのが男の本音でしょう。
セックスパートナーとなる女性に会えるためには、「どこで探すか」がもっとも重要です。
もちろんナンパもいいでしょうけど王道はセフレサイトの利用になります。

  • サービスの規模で選ぶ
  • 評判で選ぶ
  • ホームページの作りで選ぶ
  • 料金で選ぶ
  • 運営元で選ぶ

これらのフィルターを突破できれば、セフレサイトがトラブルを避けて安全にセックスパートナーを作れる最低条件になります。
性欲を充実させてパワーを充電しましょう!

出会い系サイトに集まる人

出会い系サイトからの援助交際で補導された、女子高生ミサの話です。
「援助交際は犯罪なんです。援助交際は、買う男性がいけない。だからあなたは被害者なんです」
「あなたのことは警察が守ります。何でも相談してください。あなたの援助交際の相手になった男性は加害者で、あなたは犯罪の被害者なんですよ。」
警察からは、このよう言われたそうです。
そうした会話があった後、ミサは「出会い系サイト」で相手を探していたことを話しました。
この時点でミサは警察にその話をする義務はなにもありません。
そして、警察官はミサの所持品検査をしました。
まずは携帯電話。
着信履歴や電話帳をチェックされました。
中には援助交際の相手とのプリクラもあったということです。
携帯電話のメールもチェックしていたようです。
学校の友人や知人、家族ではないと思われる人物の聞きだし、援助交際の相手と思われる男の話をミサは話しました。
このときに、ミサの援助交際の相手の人数は数十人いましたが、警察が特に注目して聞いてきたのは10人前後だったようです。
ミサが援助交際の相手を探す理由は「暇つぶし」と「お小遣い稼ぎ」、そして「寂しさの埋め合わせ」だったようです。
相場としては2万円ということでしたが、気に入った男性には「無料奉仕」することもあったようです。
相手を探す手段は、携帯電話やパソコンでつながる、出会い系サイトに書き込みをすることです。
友人に探してもらったり、携帯電話の検索サイトで探すこともあるそうです。
内容はあからさまに援助交際を示唆するもの、通常の交際を希望するものなどを使い分け、ときには「愛人希望」と書き込んだこともあったようです。
このときに年齢は正直に書き込んでいます。
相手の男性も職業を正直に言ってしまうそうです。
「なんか、公務員とか教師って、自慢げに仕事ぶりを話すんですよ、たまたま私の相手となった人だけかもしれませんけど。だから公務員とか、教師だってことを証明するようにしたらすぐに見せてくれますよ。」
援助してもらうことを目的にしていながら、自分の寂しさも埋めてもらおうとする少女。
それを食い物にしようとする大人、というにはあまりにも幼稚な大人たち。
出会い系サイトはそんな人たちの集まりなのでしょうね。

ブームの発端は

出会い系サイトの援助交際、という図式が成り立っているのが現在の状況ですが、援助交際自体は昔からありました。
ですから、「出会い系サイト」という言葉よりは古いということになります。
援助交際という言葉が登場し、ブームになったのは1994年から1997年にかけてのようです。
これは1980年代に流行ったテレクらの流れからきたものです。
80年代は街のあちこちにテレクラがありました。
91年頃にはテレクラブームは沈静化しますが、94年に人気が再燃するのです。
その中心になったのが女子中高生たちなのです。
当時の警視庁の調査でも、売春行為で保護されたうち、18歳未満の少女92人中、55%が「売春に走ったきっかけはテレクラ」と答えています。
テレクラはインターネットの普及とともに衰退していきます。
それにとって代わるように、援助交際の舞台はテレクラから出会い系サイトに移行し始めたのです。
これが第二次援助交際ブームですね。
さらに携帯電話の普及もこのブームに拍車をかけます。
携帯電話からアクセスできるようになると、人の目を気にすることもなくなるからですね。
そういう意味では携帯電話のiモードの登場は画期的だったといえるでしょう。
インターネット利用がパソコンだけではなくなったのです。
それが「出会い系サイト」ブームに火をつけた格好になりました。
携帯電話からのインターネットへのアクセス。そして、「出会い系サイト」の普及。
非援助交際出会い系と援助交際出会い系の「壁」の曖昧さ。
それが、援助交際に踏み出す敷居を結果的に下げてきているのです。
2000年代に入って中学生にも携帯電話が普及していきました。
世間としては中学生に持たせるには慎重な意見がありました。
しかし連絡が容易なこと、事故防止にも役立つことなどから、携帯電話を持つことを容認する親も増えてきたのです。
いつの時代も携帯電話が犯罪の温床となっている事実もありますが、今ではなくてはならない連絡手段になっているのです。
家庭でも収入は増えないにもかかわらす、支出の項目で携帯代が占める割合が高い家庭も多いでしょう。
もっとも中高生には携帯の料金設定でパケット料に制限をかけるなどの対策を取っている家庭も多いでしょう。
それでも出会い系サイトのアクセスする女子中高生を防ぐことはできないのです。

セフレになりがちな女性には特徴があります

好きな人には大切にされて付き合いたいですよね。本命になりたいけど、なぜかいつもセフレ扱いされてしまう、という女性も多いのではないでしょうか。
男性が本命にしたい女性と、セフレにしたい女性には大きな違いがあります。
セフレで終わらないために、セフレになりがちな女性の特徴BEST10をご紹介します。
第10位 メールの返信が早い
男性は、すぐに手に入る女性には本気になりにくいものです。
メールの返信が異常に早い女性は、簡単に落ちると思われて、セフレ扱いされてしまいます。
第9位 長電話が多い
女性の長電話は、男性からしたら疲れてしまいます。
長電話の多い女性は、相手の生活を思いやれない女性だと思われて、本命にはなれません。
第8位 彼氏のいない時期がほとんどない
ひとりでいるのがさみしいからか、別れてすぐに次の彼氏ができる女性は軽いオン安打と思われてしまいます。
第7位 他人からの評価が気になる
常に他人からどう思われているか気になる女性は、嫌われないような行動をとります。男性の意見に従ってばかりだと、都合のいい女として利用されて終わってしまいます。
第6位 さみしがり屋で、一人で行動するのがイヤ
寂しがり屋の女性は常に癒してくれる男性を求めています。
男性に対して依存する態度が、男性を増長させる原因になります。
第5位 告白されるとすぐに付き合ってしまう
人に求められるのが嬉しくて、すぐに付き合ってしまう女性は、男性からちょろい女だと思われ、適当な扱いしか受けなくなります。
第4位 欲しいものは我慢できずに買ってしまう
我慢するということを知らないと、恋人のいない期間に耐えられないので、すぐに適当な男性と付き合ってしまいます。
失恋してすぐに近寄ってくる男性には注意しましょう。
第3位 彼女持ちを好きになってしまう
人の彼氏はよく見えるものですが、彼女持ちばかりを好きになるのはやめましょう。
男性にとって、彼女以外に好意を寄せられているという環境はおいしいものです。
セフレの間は優しくしてくれても、何かあったら捨てられるのは、本命ではなくあなただと認識しましょう。
第2位 恋愛が6か月以上続いたことがない
恋愛が長続きしない女性は、本命には向かない、と男性に思われています。
本命には、人間的に尊敬できて、長く付き合える女性がいいと男性は考えています。
第1位 親にあまり愛されていないと感じている
親からあまり愛情をうけていない女性は、男性で愛情を埋めようとします。
優しい言葉にすぐに騙されるので、男性に上手く遊ばれてしまうケースが多いようです。
セフレ体質を変えるには、自分に自信をもつことが大切です。
男性に優しい言葉をかけられても、本当に自分のことを思っているのかしっかり見極めることが大切です。

セフレと本命でエッチの違いがあります

セフレと本命とでセックスの仕方を変える、という男性はとても多いです。
本命に対しては、相手を喜ばせるセックスをし、セフレ相手なら自分が気持ちよくなるためだけにセックスをする傾向があります。
あなたは彼女だと思っていても、実はセフレ扱いされている、という場合もあります。
そこで、セフレと本命のセックスの違いBEST10をご紹介します。
第10位 セックスにかける時間
本命にはゆっくり時間をかけて相手を気持ちよくさせるが。セフレだと自分が気持ちよくなれば終わりなので、セックスにかける時間が短いです。
第9位 体位のバリエーション
いつもワンパターンの体位は、自分が気持ちいい体位でしかやらない、ということの表れです。
本命なら、いろいろな体位で相手を気持ちよくさせようと頑張ります。
第8位 コンドームをするかどうか
本命とは、相手の体のことを考えてコンドームをつけますが、セフレに対してはゴムはつけません。
第7位 キスをするかどうか
セックスは愛情がなくてもできますが、キスは愛情表現なので、愛情のない相手にはできません。
第6位 愛撫の時間
女性の体を隈なく愛撫するのはとても疲れるようです。
セフレには、愛撫もそこそこに奉仕を求めてきます。
第5位 行為が終わった後の態度
行為が終わってすぐに寝てしまう男性は、女性に対して愛情を持っていません。
本命には、体をいたわるような野菜しい言葉をかけたり、いつまでもイチャイチャしたりします。
第4位 デートの内容
待ち合わせ場所からすぐにホテルに移動するのは、体しか求めていないからです。
デートはいつもホテルか彼の家、という女性は、あまり男性に大切にされていないのではないでしょうか。
第3位 セックスが気持ちいいかどうか
男性は、本命の女性に対しては、気持ちよくさせたいという心理が働くので、女性は満たされるセックスができます。
いつもあまり気持ちよくない、という女性はセフレを疑った方がいいかもしれません。
第2位 ちゃんと愛情表現してくれるか
本命の彼女には、行為の合間にきちんと目を見て愛情表現してくれます。
不安な人は、行為中に愛情表現してくれるかを確認してみるといいかもしれません。
第1位 お互いの理解度
本命とはセックス以外も、自分や家族、友達について色々なことを話しますが、セフレとはそういった話はしません。
彼のことをあまり知らない、という方はセフレ扱いされているかもしれません。
女性なら、やはり男性から大切にされたいものです。
上の項目に当たはまる人は、自分がセフレになっていないか、よく考えましょう。

セフレとの関係をはどうやって終わらせる?

セフレになるタイプの女性には流されやすい優柔不断な女性がいます。
本当はセフレ関係になんてなりたくないのにセックスに誘われると断る事が出来ずに
だらだらとその関係を続けてしまうのです。
求められると嬉しいという気持ちもあるのかもしれませんが、
セフレとして求められる行為はセフレを割り切って楽しめる性格なら問題ありませんが、
セフレなんてしたくないと思っているのならすっぱりと関係を終わらずためです。
男性はセックスをしたい時だけ優しい言葉をかけてきて、セックスが終われば用済み
・・・なんて事を平気でします。
それに振り回されるだけなんてバカみたいですよね。
別に相手に弱みを握られているわけでもありません。
セフレ関係とはどちらかが終わらそうと思えば簡単に終わらす事が出来る関係なのに
終わらす事が出来ないのはあなた自身に問題があるからです。
誰にでもいい顔を見せたい、誰からも嫌われたくないと思うのかもしれませんが
嫌われたくないからと自分の嫌な事までして相手から好かれようとする行為は
本末転倒だと思いませんか?
好きな相手から好かれる事が大切で、誰からも好かれる人なんていません。
そう割り切って、好きな人に好かれるようにまずは自分の事を大切にしてみませんか?
セフレ関係は楽しむための関係です。我慢してセフレ関係を続けて男性の都合にいい女に
なったところで何の意味があるのでしょうか?
恋人との別れは真摯に誠意をもって別れますよね。
ではセフレとの別れはどんな別れ方がベストなのでしょうか?
お互いが割り切った関係、セックスを楽しむ関係として付き合っているセフレの場合は
恋愛感情がないぶんセックスもマンネリ化しやすくすぐに別れがやってくるかもしれません。
どちらにしろセフレの場合はどちらかが別れたいと思った時点でもう関係は終了です。
しかし、だからといって自然消滅で終わらそうと考えるのはあまりに誠意がありませんよね。
一応これで終わりだという事をお互いが確認して納得して別れるのがベストです。
その時相手を刺激させないように気をつけましょう。
なぜかというと、自分のモノじゃなくなった途端惜しいと思う事ってないです?
また自分もそろそろ終わりかなと思っていたけど、自分から別れを言い出すのはいいけれど
相手から別れを切り出されるとなんとなく悔しかったり・・・・・
人の心は案外複雑ですから刺激をしないように穏やかに別れましょう。
なぜ刺激をしないようにと念を押すのかというと
下手に刺激を与えてしまうと相手が逆上して既婚者であれば妻に、恋人がいれば恋人に
セフレ関係をバラして修羅場になってしまうという事がありえるからです。
面倒がない関係だからこそセフレ関係を持ったのに最後の最後で面倒事を
抱えたくはないですよね。
最後まで面倒がない関係のまますっきり終わらせて下さいね。